主要な通貨ペアの特徴と取引方法

外国通貨の売買取引をしてその差金を利益とする外国証拠金取引はFXと呼ばれており、経験の少ない投資家でも取り組みやすいことから人気のある投資方法です。

FXの取引を始めるにはまずFX業者のサイトなどから口座開設の申し込みをしてそのFX業者専用のシステムにログインするための口座番号などを取得します。そしてシステムをダウンロードして取引画面から注文をすることになります。

この実際の取引を始めるときにいくつかのルールがあり取引注文をする際にまずは取引する2通貨の組み合わせである通貨ペアを選択して買ったり売ったりという取引を行います。

この通貨ペアにはアメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、スイスフラン、カナダドルと円の組み合わせである基本の7通貨と呼ばれる組み合わせがあり、これらは取引量も多いため値動きが安定しているため初心者の方でも分析がし易く利益が出しやすいと言われています。また業者によっては通貨ペアが50以上も取り扱っているところもあります。

さらにオーストラリアドルといった資源国通貨はスワップポイントと呼ばれる取引金額に対して付与される毎日の利息が高くなっています。ですからこのスワップっポイントを目的として通貨を購入して長期にわたって所持される方もおられます。

FXの魅力は何といっても少ない証拠金でその何倍もの取引ができるというレバレッジです。そしてスワップポイント目的で通貨を購入される場合はこのレバレッジを低く設定されて外貨預金と同じような考え方で購入されているようです。

また基本の7通貨以外の通貨ペアはトルコリラやアフリカランドといった高い利息の通貨もあります。もし資金に余裕のある場合は購入されてみても良いでしょう。そして取引量が少なくあまり値動きがない通貨もあります。いずれにしましてもFXは投資ですのでしっかりとした管理が必要となってきます。

コメントを残す