FX業者をスワップポイントで比較する

スワップポイントは2国間の通貨の金利差をもとに生まれてくる差益のこととなります。初心者がFXを始める場合にはこのスワップポイントをメインにする長期の保有が良いと言われています。

それは長期保有のために売買の回数を減らせるため短期的な値動きをほとんど気にしなくてよいからです。このスワップポイントは、ほぼ無料で統一化されている売買手数料とは違い、FX業者によって大きな違いが出てきます。

基本は、売りを中心に取引をする場合はマイナススワップポイントが低いFXの業者を選び、長期的な外貨投資と言う観点から見ていく場合は買いのスワップポイントの高い業者を選ぶことがポイントとなってきます。

また、当然ですが、通貨ベアのスワップポイントにも気にしなくてはいけません。スワップポイントをメインで取引を考えていく場合は取引期間が長くなり、預入金も大きくなってきます。

注意しなくてはいけないのはFXの業者の経営が健全であるかどうか、何かあったときの体制が取れているかどうかのチェックを怠ってはいけないということです。資産が完全に守られるよおうになっているFX業者と取引をしましょう。

コメントを残す