主要な通貨ペアの特徴と取引方法

外国通貨の売買取引をしてその差金を利益とする外国証拠金取引はFXと呼ばれており、経験の少ない投資家でも取り組みやすいことから人気のある投資方法です。

FXの取引を始めるにはまずFX業者のサイトなどから口座開設の申し込みをしてそのFX業者専用のシステムにログインするための口座番号などを取得します。そしてシステムをダウンロードして取引画面から注文をすることになります。

この実際の取引を始めるときにいくつかのルールがあり取引注文をする際にまずは取引する2通貨の組み合わせである通貨ペアを選択して買ったり売ったりという取引を行います。

この通貨ペアにはアメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、スイスフラン、カナダドルと円の組み合わせである基本の7通貨と呼ばれる組み合わせがあり、これらは取引量も多いため値動きが安定しているため初心者の方でも分析がし易く利益が出しやすいと言われています。また業者によっては通貨ペアが50以上も取り扱っているところもあります。

さらにオーストラリアドルといった資源国通貨はスワップポイントと呼ばれる取引金額に対して付与される毎日の利息が高くなっています。ですからこのスワップっポイントを目的として通貨を購入して長期にわたって所持される方もおられます。

FXの魅力は何といっても少ない証拠金でその何倍もの取引ができるというレバレッジです。そしてスワップポイント目的で通貨を購入される場合はこのレバレッジを低く設定されて外貨預金と同じような考え方で購入されているようです。

また基本の7通貨以外の通貨ペアはトルコリラやアフリカランドといった高い利息の通貨もあります。もし資金に余裕のある場合は購入されてみても良いでしょう。そして取引量が少なくあまり値動きがない通貨もあります。いずれにしましてもFXは投資ですのでしっかりとした管理が必要となってきます。

FX業者をスワップポイントで比較する

スワップポイントは2国間の通貨の金利差をもとに生まれてくる差益のこととなります。初心者がFXを始める場合にはこのスワップポイントをメインにする長期の保有が良いと言われています。

それは長期保有のために売買の回数を減らせるため短期的な値動きをほとんど気にしなくてよいからです。このスワップポイントは、ほぼ無料で統一化されている売買手数料とは違い、FX業者によって大きな違いが出てきます。

基本は、売りを中心に取引をする場合はマイナススワップポイントが低いFXの業者を選び、長期的な外貨投資と言う観点から見ていく場合は買いのスワップポイントの高い業者を選ぶことがポイントとなってきます。

また、当然ですが、通貨ベアのスワップポイントにも気にしなくてはいけません。スワップポイントをメインで取引を考えていく場合は取引期間が長くなり、預入金も大きくなってきます。

注意しなくてはいけないのはFXの業者の経営が健全であるかどうか、何かあったときの体制が取れているかどうかのチェックを怠ってはいけないということです。資産が完全に守られるよおうになっているFX業者と取引をしましょう。

FX業者を取引ツールで比較する

FX取引の中で取引ツールの使いやすさはFXの業者を選ぶ大きなポイントでもあります。この取引ツールも現在では、各FX業者とも初心者でもわかりやすいように様々な工夫がされるようになってきており優劣の差をつけることは難しくなってきています。

取引ツールの操作性と言う部分では個人の趣味や相性でほとんど決まってしまうといっても過言ではないような状態です。むしろ、どんなに取引ツールが充実していてもサーバーが不安定であると全ての面に支障をきたすということとなってしまいますので、サーバーの安定性を追求したほうが賢いといえるかもしれません。

これは為替チャートの機能性にも言えることで現状ではどのFX業者を利用しても、その利便性に差異はないといえるでしょう。今後、差別化が顕著に現れてくる可能性がある分野としては、保有者がどんどん拡大しているスマートホフォンのアプリで分野ではないかと思われます。

まだ各FX業者とも開発途中の段階のようで満足できるものは出来上がっていないと言うのが現状のようです。これからどのように進化していき、スマートフォンを使っての取引がどのように拡大していくのか注目です。

為替オプション取引に関する説明

為替オプションはシンプルな取引きであり、感覚的に理解しやすいために人気となっています。

仕事などで多忙な場合であっても取引きできるため、多くの人が参加しています。

利点の多い為替オプションですが、もちろん欠点も存在します。

株やFXの場合には投資額のすべてを失ってしまうということはありません。

途中で手放して損失を最小限に抑えることができるかはトレーダー次第で、再び買い戻して利益を得ることもできます。

為替オプション取引では途中下車はできないため、予測が外れると投資資金すべてが失われてしまいます。

仕組みは簡単で理解しやすく、大きな損失を出したくない場合は取り引きに投資する金額を絞ればいいわけですが、投資金額が小さくなれば当然ながらその分利益も小さくなってしまいます。

為替オプションでは、取り引きの時点でどれだけの利益が見込めるか、あるいは最大でどれだけの損失になるかが分かっています。

ペイアウト倍率(投資に対する利益割合)が1..8倍の取り引きに参加したとします。

5,000円投資したとして勝てば、4,000円の利益になり、負けると5,000円の損になります。1,000円は取扱い業者の取り分です。

つまり50%の勝率が続けば勝ち続けても手数料があるので利益は出ないことになってしまうのです。

為替オプションで利益を出したければ、50以上の勝率を保っておく必要があるわけです。

シンプルかつリスクが制限される為替オプションの取引はのめり込む人が多いとされます。

為替オプション取引をすると決める前に、やり過ぎないための線引きが重要となるでしょう。

取り引きにかけるための投資額と、どこまでの損ならば許容するのかをはっきりとさせておくのが大事です。

為替オプションの適正

外国為替の取り引きにはいくつもの種類がありますが、為替オプションの取り引きに向いているのはどういった人でしょうか。

外国為替を取り引きする一般的な商品(FX取引など)であれば、チャートなどを使って何時間も相場の値動きを見ておく必要があります。

いつもチェックしておかなければFXで利益を得ることはできないからです。

仕事で忙しい人などは常にチャートをチェックするのは不可能ではないでしょうか。

為替オプションの場合には常にチャートを見ておく必要はありませんしある程度の知識があれば誰でも利益を得ることができます。

為替オプションの場合、FXなどと違って面倒な作業はありません。システム面での細かい違いがある程度です。

為替オプション取引では、取引きを始めた時点を基準として、判定時刻の為替レートがどのようになっているかを予測し、それを選択するだけになります。

開始時点と判定時刻の間の値動きがどうであっても無関係ですので、あまり取引時間を取れない人でも参加できます。

あまり取引時間を取れない人であっても、朝と晩に少しずつ時間を取ることができれば、取引と結果の確認ができます。

もし平日に取引ができないという人がいても、週末に取引を行っている会社もあります。

FX取引の場合には為替レートが上がるか下がるかを予測して取引をします。

為替オプションも違いはないのですが、FX取引の場合には売買のタイミングが非常に重要になってきます。

外国為替証拠金取引の場合、予測が当たったとしても売買のタイミング次第では利益がなくなってしまうことさえあります。

FXなどとは違い、為替オプション取引であれば売買タイミングの難しさにとらわれることなく取引きをすることができるでしょう。