第二新卒が転職活動をする時

もしも、第二新卒が転職活動をする時には、どんなことが大事になるでしょうか。企業が第二新卒を採用する理由として、研修費用がかからないということがあります。言い替えれば、ビジネスマナーや言葉づかい、対人ノウハウなどが最低限はできていなければ、第二新卒の強みを持っていないことになります。第二新卒以外にも、社会人経験者を雇用する時は必要要件であるといえます。新しいことを知る意欲を持っているかどうかも、採用の鍵を握ります。新卒者の雇用でも、転職者の雇用でも、新しく人を雇い入れることは、会社にとっては一種の投資です。以前の職場で長く働くことができなかったという人は、新しく採用してもやはり数年たたずに辞めてしまうのではないかと考えられがちです。前職を早期に退職した理由を明確に説明できることがポイントです。かつての職場ではどんな経験を積み、それを今後どう活用できるかも重要です。長期にわたってこの会社で勤め続けられるだけでなく、戦力として使える人材になれることを、採用担当者に伝えられるかです。入社を希望する動機を語ることだけでなく、会社で働くようになったらどんな働き方で会社にプラスをもたらせるかをしっかり言えるようになりましょう。第二新卒が転職活動を行う時には、新卒者の就職活動よりも、入社後のビジョンをきちんと話せるかどうかが鍵を握ります。 

転職に関係する新しいワード

この頃見かける、転職に関係する新しいワードとして、第二新卒という言葉があります。大学を卒業し、一旦は就職したものの、3年程度でその会社を退職して次の就職先を探している人を第二新卒といいます。第二新卒の人は、どうして新卒時に就職した直後に、次の転職活動をしているのでしょうか。第二新卒として転職活動をするのは、様々な要因があります。やりたい仕事をすることはできなかったけれど、新卒の時の就職活動では、そこにしか内定がもらえなかったということがあります。はっきりとした目標を持たず、手当たり次第に就職活動をして、決まったところで働いていた人もいます。なりたい仕事につけなかった人の中には、仕事を変えてでも希望どおりに仕事につこうとするのです。運悪ブラック企業に採用されていて、何はともあれこの仕事はやめなければという結論に至る人もいます。外から見ているだけではわからず、内部から見なければ気づけないこともあります。転職をすることが少なかった世代の人から見ると、第二新卒者はやる気のない世代だと思われることがあります。転職先を探す第二新卒は、ごく普通のことになっています。第二新卒を対象とした転職サイトの求人分類もあるくらい、ありがちなシチュエーションになっているのです。